ドライアイとアレルギー性結膜炎について

ドライアイとは
涙は、目の表面を覆って目を守るバリアの働きをしています。その涙が少なくなったり、成分が変化すると目の乾きや、疲れを感じるようになります。これがドライアイです。ドライアイは目の粘膜の肌荒れの状態で誰にでも発生しうる病気です。
ドライアイは日本で約800万人いるといわれる頻度の高い病気です。ふつう、目の表面は涙に覆われていてツッルとしていますが、ドライアイになると目の表面が荒れて、物がはっきり見えなくなることがあります。このため、メガネやコンタクトレンズの度数が合っているのに見えにくい、目がかすむなどと、感じることもあります。このほか、ドライアイの症状として目がゴロゴロしたり、涙が出る、目やにや充血などの症状もあります。ドライアイの主な原因は涙腺の異常をおこすシェーグレン症候群、加齢、精神安定剤や降圧剤などの薬剤、パソコンやテレビ、読書、空調設備による乾燥、コンタクトレンズ、アレルギー性結膜炎などです。
アレルギー性結膜炎は、花粉などのアレルギー反応によって、結膜に炎症がおこる病気で、この炎症により涙の成分が変化したり、目の表面で涙の維持が出来ず、ドライアイをさらに悪化させてしまいます。

ドライアイチェック
目が疲れやすい
目が痛い
目やにがでる
目がゴロゴロする
理由もなく涙がでる
物がかすんで見える
目がかゆい
目が重い
目が赤くなりやすい
目に不快感がある
目が乾燥気味
まぶしさを感じる

5個以上当てはまればドライアイの可能性があります。

結膜下出血の原因について

結膜下出血の原因はいろいろとあります。おもに

眼局所の要因

全身性疾患

原因不明のもの

の三つにわけられます。
いずれの場合も、出血自体は軽度であれば10日前後で自然に吸収されますので、治療の必要はありません。ただし、眼局所の要因や全身性疾患の場合はその原因の治療が必要になります。まずは眼科で診察を受けましょう。また、出血が止まっても赤目が広範囲に長引く場合は、血液の吸収促進のために血栓溶解剤を結膜下注射する場合もあります。

眼局所の要因
外傷や手術により起こります。穿孔性眼外傷は、感染の予防のためにすぐに穿孔部を閉じる必要があります。なかなか消えない結膜下出血は穿孔性眼外傷が隠れている可能性があります。医師に相談してみましょう。また、急性出血性結膜炎、流行性角結膜炎などでも起こります。この場合は痛みや目やに、涙があふれるなどの症状が伴います。他人への感染に注意して、すみやかに眼科で診察を受けましょう。

全身性疾患
動脈硬化や高血圧、糖尿病、貧血、白血病、紫斑病、腎炎に伴って起こります。繰り返して結膜下出血が起こる人は上記の病気の可能性がありますので、内科で診察を受けましょう。ほとんどの結膜下出血は、眼底出血を伴いません。しかし、上記の病気の場合は、眼底出血がおこり失明の危険がありますので、注意が必要です。また、マラリア、猩紅熱、ジフテリア、コレラ、発疹チフス、インフルエンザ、麻疹などの急性熱性疾患でも結膜下出血がみられます。

原因不明のもの
くしゃみやせき、過度の飲酒、月経、水中メガネのしめすぎなど、があげられます。




結膜下出血について

結膜下出血とは
結膜下の小さい血管が破損して出血したもので、白目部分がべったりと赤く染まります。症状としては多少のゴロゴロ感があるくらいで、痛みはありません。原因はさまざまで、突然出血したりもします。結膜下の出血では、眼球内部に血液が入ることはなく、視力の低下の心配はありません。
出血はふつう1〜2週間で自然に吸収されますが、強いものでは2〜3ヶ月かかるものもあります。しかし、いずれにしても自然に吸収されますので、ほとんどの場合は心配ありません。
ただし、以下の場合は眼科医の診察を受けた方がよいでしょう。

眼に外傷をうけた時

痛みやかゆみ、目やにを伴う時

ひんぱんに繰り返す時

発熱を伴う時


結膜下出血の症状
結膜下出血の程度
結膜に存在する大小の血管が破れて、結膜の下に出血が広がります。小さな点状のものから、斑状、眼球結膜全体に広がるもの、血腫をつくるものまで色々とあります。
結膜下出血の自覚症状
ふつうは、出血による痛みやかゆみ、目やになどの症状は伴いません。また、視力が低下したり、視野が狭くなるなどの症状もありません。上記したように、これらの症状が伴う場合は必ず、医師の診察を受けて下さい。


目の出血と目の充血の違い
出血は血管が破損して血液が出たもので、血管の走行がみえません。
一方、充血は細い血管が拡張した状態のことです。血管収縮剤を使うと充血はおさえられます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。