ウイルス性急性結膜炎の症状と治療法

はやり目「流行性結膜炎」(アデノウイルス8型、4型、37型、19型)

まぶたの裏側のブツブツや充血、まぶたの腫れ、流涙などの症状が激しく現れます。ウイルスに感染してから7〜14日で発病します。


プール熱「咽頭結膜熱」(アデノウイルス4型、3型)

プールで感染することが多いため、プール熱とよばれます。結膜にブツブツができて、咽頭炎による発熱を起こします。ウイルスに感染してから5〜7日で発病します。


急性出血性結膜炎(エンテロウイルス70型)

ウイルスに感染後1〜2日後に突然、眼球結膜に出血を起こし、ゴロゴロ感、充血、まぶしさなどが現れ結膜にブツブツができます。


ウイルス性急性結膜炎の治療法

この病気に有効な点眼薬はありません。ウイルスに対する抵抗力をつけるため、休養と栄養を十分にとって、体力をおとさないようにすることが大事です。
また、補助的に他の感染を起こさないために、抗菌点眼薬や炎症をおさえるために、ステロイド点眼薬などを使用します。他の人にうつしてしまわないように注意しましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。