ドライアイとアレルギー性結膜炎について

ドライアイとは
涙は、目の表面を覆って目を守るバリアの働きをしています。その涙が少なくなったり、成分が変化すると目の乾きや、疲れを感じるようになります。これがドライアイです。ドライアイは目の粘膜の肌荒れの状態で誰にでも発生しうる病気です。
ドライアイは日本で約800万人いるといわれる頻度の高い病気です。ふつう、目の表面は涙に覆われていてツッルとしていますが、ドライアイになると目の表面が荒れて、物がはっきり見えなくなることがあります。このため、メガネやコンタクトレンズの度数が合っているのに見えにくい、目がかすむなどと、感じることもあります。このほか、ドライアイの症状として目がゴロゴロしたり、涙が出る、目やにや充血などの症状もあります。ドライアイの主な原因は涙腺の異常をおこすシェーグレン症候群、加齢、精神安定剤や降圧剤などの薬剤、パソコンやテレビ、読書、空調設備による乾燥、コンタクトレンズ、アレルギー性結膜炎などです。
アレルギー性結膜炎は、花粉などのアレルギー反応によって、結膜に炎症がおこる病気で、この炎症により涙の成分が変化したり、目の表面で涙の維持が出来ず、ドライアイをさらに悪化させてしまいます。

ドライアイチェック
目が疲れやすい
目が痛い
目やにがでる
目がゴロゴロする
理由もなく涙がでる
物がかすんで見える
目がかゆい
目が重い
目が赤くなりやすい
目に不快感がある
目が乾燥気味
まぶしさを感じる

5個以上当てはまればドライアイの可能性があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。