結膜下出血とはカテゴリの記事一覧

結膜下出血について

結膜下出血とは
結膜下の小さい血管が破損して出血したもので、白目部分がべったりと赤く染まります。症状としては多少のゴロゴロ感があるくらいで、痛みはありません。原因はさまざまで、突然出血したりもします。結膜下の出血では、眼球内部に血液が入ることはなく、視力の低下の心配はありません。
出血はふつう1〜2週間で自然に吸収されますが、強いものでは2〜3ヶ月かかるものもあります。しかし、いずれにしても自然に吸収されますので、ほとんどの場合は心配ありません。
ただし、以下の場合は眼科医の診察を受けた方がよいでしょう。

眼に外傷をうけた時

痛みやかゆみ、目やにを伴う時

ひんぱんに繰り返す時

発熱を伴う時


結膜下出血の症状
結膜下出血の程度
結膜に存在する大小の血管が破れて、結膜の下に出血が広がります。小さな点状のものから、斑状、眼球結膜全体に広がるもの、血腫をつくるものまで色々とあります。
結膜下出血の自覚症状
ふつうは、出血による痛みやかゆみ、目やになどの症状は伴いません。また、視力が低下したり、視野が狭くなるなどの症状もありません。上記したように、これらの症状が伴う場合は必ず、医師の診察を受けて下さい。


目の出血と目の充血の違い
出血は血管が破損して血液が出たもので、血管の走行がみえません。
一方、充血は細い血管が拡張した状態のことです。血管収縮剤を使うと充血はおさえられます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。